使いやすい成年後見制度にしよう
「安心と笑顔の社会保障ネットワーク」総会&講演会、終わりました。会場満杯の50人の参加。総会のあとの講演会では、川元志穂弁護士の「成年後見制度の問題点と課題」の話。制度そのものは、介護保険制度と同様、使うときに初めて制度が理解できるというものだ。ただ、成年後見制度は、その前に、任意後見制度、財産管理委任契約、見守り契約等々がある。高齢者や障がい者の尊厳を守るために必要な制度である以上、誰にも使いやすい制度でなければならない。神戸市には、専門職支払いの補助金制度がある。それもハードルを低くする一つの方法。


18:55
全港湾、闘い続ける労働組合であってほしい
全港湾神戸支部第58回定期大会に参加し、挨拶をさせていただく。春の統一地方選挙のお礼、つなぐ神戸市会議員団結成の報告で労働運動と市政をつなぐ役割をさせていただきたいと挨拶。「闘いをしない労働組合は、いざというときに、労働組合も組合員も守るときができない。闘い続けてほしい」と激励も忘れずに。
※粟原富夫議員と高橋よしのり議員は遅れて参加、挨拶の予定
挨拶を終えて、葺合文化センターの「平和in秋祭り」のイベントに駆けつける。阪神大水害の折りのフィルムと広島の原爆のフィルムを一緒に鑑賞。粟原さんの呼び掛けで集まった人は、阪神大水害を阪神淡路大震災を経験、乗り越えてきた人たちばかりではないだろうか。中には、被爆者の方もおられたかもしれない。地道な活動を通して風化させないように。
●関西生コン支部
労働組合つぶしを許さない!兵庫集会
10月23日(水)18時半〜
神戸市勤労会館308号室



18:53
まずは、成年後見制度について学ぼう知ろう
たんぽぽカフェの今回のテーマは、成年後見制度。私たちの尊厳を守るためには、絶対に必要な制度。しかし、十分に活用されていない。活用するにはどうしたら良いのか、参加者と講師の川元志穂弁護士とで話し合う。14日にも、同じテーマで成年後見制度についての学びの場がある(14時〜於:勤労会館403主催:安心と笑顔の社会保障ネットワーク)。ご参加ください。





18:49
まずは、成年後見制度について学ぼう知ろう
ぜひ、ご参加を!



21:12
働く者のセーフティネットは労働組合
全港湾関西地方神戸支部義勇海運分会の第49回定期大会に参加。一日のきつい仕事を終えた組合員が集まる。豪華な弁当を一緒に食べた後、大会が始まる。60歳以上の再雇用制度についての報告や分会学習会の再開等についての提案があった。いざというときに、闘って来なかった労働組合は持ちこたえられないが、闘っている労働組合は、団結で押し返す力を持っている。彼らの運動と市政をつなぐ立場で応援すると挨拶。
07:27
25年前の阪神淡路大震災からまなぶ
被災地NGO協動センター寺子屋塾。今日は、えんぴつの家の山田たけしさんの講演。テーマは、「障がい者と災害」。
25年前の阪神淡路大震災の折り、地域で、たくさんの大学生にフォローされながら独り暮らしをしていた脳性麻痺のGさんは、その大学生たちに助けられた。その一方、避難所に避難したものの、弾き出され、半壊の家に帰らざるを得なかった障がい者もいる。
25年経って、高齢化、近所の関係も希薄になっている今、それでも、関係性を探りながらより良い福祉避難所をと山田さんは言う。今、全国の自治体(神戸市も)は、福祉避難所を指定している。いざというときに本当に福祉避難所は機能するのか、疑問だ。
次回の寺子屋は、10月21日18時半、場所は未定。講師は、津久井進弁護士。テーマは「不条理な災害関連死を止めるために」。来年は、阪神淡路大震災から25年。学ばなければならない。



07:24
障がいのある人もない人も混ざりあって働き暮らす
議員インターンの学生さんと地域の福祉作業所「ボレロ」に。メンバーは、喜んで迎え入れてくれた。矢野理事長に「ボレロ」のお菓子作り、昼御飯作り、大正琴の練習と、一日の過ごし方を通して、「ボレロ」の目指すもの、目指すことを丁寧に話していただいた。その後、メンバーと一緒に昼御飯(今日の献立は高野豆腐の卵とじとサラダ、油揚げとキャベツの味噌汁)40人分を作る。午後からは、メンバーと一緒に水道筋店でクッキー作り。議員インターンの学生さんにとって初めての経験だ。水道筋商店街の中に福祉作業所があるのは実に良い。交流がある。












09:43
たんぽぽ通信2019年8月号

たんぽぽ通信8月号、掲載しました。

14:38
市民と市政をつなぐ市政報告会
市民と市政をつなぐ…………「つなぐ神戸市会議員団」の市政報告会。第一回は、香川真二議員の西区。5人それぞれの報告のあと、参加者の質疑応答。第二回は、垂水区。居住区に関係なく、たくさんの市民の参加を願う。

22:04
市民と市政をつなぐ【つなぐ神戸市会議員団】4
「つなぐ神戸市会議員団」懇談パート4は、神戸ダルクブィレッジの代表の方。今、薬物・ゲーム・アルコールによる依存者が増えている。より深刻になりつつある今、少ない運営資金で入院・通院、相談業務を展開している。需要が高まる中、活動支援のために行政ができること、私たちができることを考えていきたい。

22:02
Page: 2/43  << >>


携帯用バーコード

qrcode